食材に対する知識と調理法をチェック!

楽しいBBQ

焼き方も豊富

肉を焼くと言っても、焼き方は様々でしょう。直火焼きや間接焼きがよく知られています。最近では、燻製やローストといった焼き方も用いられており、いつもと違ったバーベキューを楽しむことができるのです。

食材ランキング

no.1

牛肉

圧倒的支持を集めているのがお肉です。基本的に肉がないとバーベキューは始まらないとも言えます。そして、肉の中でも、牛肉が一番人気です。牛ロース肉やカルビ肉を使用する方が最も多いと言えるでしょう。

no.2

野菜

お肉の次に人気なのが野菜です。特に、ピーマンや玉ねぎ、ナスなどお肉との相性が良い食材が支持を集めています。このような野菜は基本的に丸焼きにして食べるのが人気です。野菜本来の味を楽しむことができるでしょう。

no.3

甲殻類や貝類

日本人には馴染み深い魚介類も3位にランクインしています。エビやかになどの甲殻類や、ホタテやハマグリなどの貝類がとても人気です。また、鮭は使い勝手が良く、どのような料理にも合うのでバーベキューでよく使われています。

no.4

加工肉

ベーコンやフランクフルトソーセージなども人気の高い食材です。目立つ食材ではありませんが、殆どの場合持ち寄られている食材と言えるでしょう。パンなどに挟んで食べるなど、他の食材と合わせて用いられています。

no.5

マシュマロやフルーツ

女性や子供から圧倒的な支持を集めているのが、マシュマやスイーツです。マシュマは炙って食べるのが基本となるでしょう。デザートとしてよく用いられている食材です。また、フルーツも焼くことによって、違った美味しさを味わうことができます。

食材について

外人

バーベキューで使う肉

基本的に肉と野菜を使用します。淀川では、食材を用意してくれるサービスが利用できるでしょう。また、肉を用意する場合は男性で300g、女性で200gがベストです。肉の比率は牛肉が6で豚肉と鶏肉が2ずつ、これが理想でしょう。

野菜について

バーベキューは肉だけではなく、野菜も使用することが多いでしょう。基本的に野菜の種類としては、ピーマンや玉ねぎ、人参やとうもろこしなどが有名です。また、きのこ類は肉との相性が良いので、用意しておくと良いでしょう。

魚介類

魚介類をバーベキューで調理する方もいるでしょう。ただ、魚介類は痛みやすいので、管理には気を付けます。氷を入れたクーラーボックスでしっかりと冷やしましょう。痛みを防げます。また、他の食材に臭いが移らないようにジップロックなどに入れておきましょう。

その他食材

肉や魚介類、野菜以外の食材も用意しておくと、バーベキューにアクセントを加えることができます。マシュマロやフルーツがあれば、デザートが作れるでしょう。また、麺やパンを持っておくと料理のバリエーションが増えます。